キーワードを活かすポイントは 「5W1H」

SEOにおいて、キーワードを活かした記事作りを行う1つの方法として、「5W1H」を意識するというものがあります。

まずは、1つ目のメインキーワードを決めておきます。
このとき選ぶ言葉は、ある程度ざっくりとした抽象的な言葉で、かつ書きたい話題のジャンルを的確に表している言葉を選んでおくのがよいでしょう。
メインキーワードが決まったら、続いてサブキーワードを選んでいきます。
このとき、「5W1H」を意識するのです。

When :いつ(どんな時に)
Where:どこで(どこに、どこへ、どこから)
Who :誰が(どんな人が)
What :何を(どんなことを、どんなものを)
Why :なぜ(どうして、何のために)
How どのように(どんなふうに、どうやって)

書いた記事や文章の中から以上の6項目に当たる要素を抜き出し、それらをサブキーワードとして使うことで、より実際の記事に合ったものを選ぶことができるようになる可能性が高まるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *