Monthly Archives: August 2018

独自ドメインを取得する

インターネットでビジネスを行う場合、独自ドメインを必ず取るように します。特に SEMを始めるのであればなおさらです。検索エンジンの多く がクラスタリングという機能を実装しています。これは、同じドメインを 持つホームページは検索結果ページに一定数しか表示させない機能のこと で、Googleであれば最大 2ページまでしか表示されません。プロパイダが無料で提供してくれるホームページ領域を利用したり、モ ールに出店してモールのドメイン配下に自分のショップ名のディレクトリ を持つ場合、その借地サイトのドメイン配下に自分よりも強力なライバルが存在した場合、自分のホームページは永遠に検索結果ページに表示されないという悲劇的な結果になってしまっています。言うまでもなく上記のような借地サイトは自分自身の財産ではありませ ん。ドメイン所有者の都合によって最悪の場合には移動を強いられる危険性もあります。 例えば、プロパイダの統廃合によって プロパイダのドメインが廃止されるケースがあります。メールアドレスの 変更であればメールアドレス変更のメールを出すことによって影響を極小化できるのですが、ホームページの場合は簡単ではありません。外部から自分のホームページに向けてリンクをもらっている場合、その すべてを変更するのは不可能に近いと言えます。ディレクトリ型の検索エンジンのように恒常的にメンテナンスされていればURL 変更も可能ですが、 すでに所有者がメンテナンスを放棄したホームページというのも少なくあ りません。そうした場合、ページ外要因に関するSEO努力が無駄になってしまいます。URL が変更になった場合、ページランクを移動先のホームページに持っ ていくことは困難です。例えば、古いホームページにRefresh メタタグを設 定して新しいホームページに自動ジャンプさせても、ページランクを新し いホームページに引き継ぐことはできません。いくら自動ジャンプ機能を利用しても古いホームページが存在しているのは事実であり、ページラン クは古いホームページ自体に付与されるからです。移動が決定している借地サイトをしばらくの間使うことができるという幸運に恵まれたとしても、上記のようにページランクの引継ぎは原則として行われないので、結局はSEOの努力は水泡に帰すことになります。