Author Archives: admin

相互リンクの募集告知を行う

自社サイト上にて、Yahoo! 力テゴ リ登録済みサイト同士の相互リンク希望の告知 を行います。相互リンクと聞くと個人運営者同士の交流リンクのイメージが強いかもしれませんが、現在は企業もSEOを目的に積極的に募集告知を行っていま す。 必す気を付けてほしいポイントが 1つ。Yahoo カテゴリ登録された「ページ」そのもののリンク同士でなければ対等な効果はありません。そのサイトのリンク 集のページからリンクを受けても特別な効果はありません。 事前事後に確認を行うよう にしまし ょう。

ページ内部対策

本文には対象キーワードを「自然に」入れる 見出しに続いて、本文のSEO内部対策を行いましょう。タイトルや大見出しには必ず対象キーワード、が入っていた方がよいのですが、本文については自然に対象キーワード、が入っているように文章を書き換えることがポイントです。自然に、というのは、「人」が読んでしつこくなく違和感なく自然に、という意味です。 実はかなり多くのホームページの文章が、SEO対策の対象キーワードを決めたとき、そのキーワードが本文にあまり出てきません。本文はおろか見出しにも対象キーワード「LED看板」がまったくありません。キーワードを意識して文章を書かないと、他の表現が使われてしまうことがなります。  

サブページのタイトルタグ

サブページにとってもtitleタグは重要です。 異なるキーワードを使うなど、 SEO対策的な工夫が必要となります。  Webサイトのトップページは1つしかありませんが、サブページはWebサイト内にいくらでも作成できます。 SEO対策の観点では各ページがそれぞれオリジナルコンテンツである必要があります。 ですから、各ペ-ジのtitleタグにもそれぞれのページにふさわしい個別のタイトルが必要になるのです。サブページのtitleタグを記述する際に、重複コンテンツと見なされないように記述することが重要なポイン卜です。 サブページのtitleタグに複合キーワードを埋め込みましょう。 ホームページのサブページを編集する場合は、各ページのtitleタグのバランスを考えて下さい。

ユーザーの目

あなたのサイトは現在どのように制作されているだろうか。最近ではWeb サイトやポータルサイトにCMS (コンテンツ管理システム)を 導入しているサイトは少なくない。導入することによりサイトの更新が容易になるからだ。 この CMS にSEO を取り組むことでより大きな効果が得られる。 CMS で生成されるページに、あらかじめタイトルやメタ要素をはじめ論理構造などを整えておくようテンプレート化することで、それぞれのページのテーマ性を検索エンジンに伝えやすくなるというわけだ。また、 テンプレートで管理できるため、タグの書き換えなどのメンテナンス も容易になり、常に最適な形でサイトを保つことができる。そして、 頻繁に更新をすることで、サイトのページ数を容易に増やすことができると同時に、テーマ性が明確にされたページの集合体になるためサイト全体のテーマ性の強化にもつながる。 自分のサイトにCMSの導入を考えているなら、 URLは静的に生成できるかなど、 SEO の要件を組み込めるかどうかも1つの指標にしておき たい。