Category Archives: Uncategorized

alt属性とSEO

検索で上位表示をしたいからという理由でalt属性に重要な要点となるキーワードを入れたところで、残念ながらSEOでの評価に反映されるといったことはないでしょう。しかし、まったく意味のないことでもないようです。というのも、alt属性は、検索エンジンにページの内容を的確に理解してもらうために必要不可欠な設定と言えるため、ないがしろにするべきでもないものと言えるでしょう。検索エンジンは、画像を見ただけでは内容を把握することはできないでしょう。そのためalt属性を使用し、テキストとして画像の情報を設定し、画像を理解してもらう機能と言えるでしょう。また、通信不良などが起きて画像が表示されなかった場合などに、 alt属性を設定しておければ、代替テキストとしてaltが表示され、画像の内容を伝えてくれる働きも持っているようです。繰り返しになってしまいますが、alt属性を設定したからといって、検索結果が急に上がるということ はありえないと言えるでしょう。しかし、alt属性を設定することで、検索エンジンに画像の内容をきちんと伝えることができるため、意味のない薗像でない限り、できるだけalt属性を記述するようにしておくと良いでしょう 。

alt属性

alt属性というのは、HTMLで画像に設定されているテキストの情報の事を指しており、画像表示が出来なくなってしまった場合などに、代わりに表示されたりもするようです。この存在というのを知っていても、良く分かっていないといった人は意外と多いのではないでしょうか。alt属性の基礎知識と、SEOの関係性なども考えていけると良いでしょう。 私たち人というのは、画像を見れば内容を理解することができるでしょう。しかし、検索エンジンではコードと呼ばれる文字情報を頼りにしてサイトの情報を判断するようになっているようです。そのため、画像の内容を示す記述がない場合、画像の把握ができないという現象が起きてしまうでしょう。この時に活躍するのがalt属性と言えるでしょう。そのため、alt属性に入力する内容としては、画像の内容を的確にシンプルに伝えられるテキストを入力することが望ましいと言えるでしょう。画像に関係のない内容や、まとめられていない表現であった場合などには、スパム行為と認識されてしまう恐れがあるでしょう。

検索エンジンの仕組み

 検索エンジンは非常に多くのサーバーを世界中のデータセンターに置いて、それらを同時に連携させることにより、高速にサイトをリストアップしています。日本で主に利用されている検索エンジンは3つあり、それはGoogle、Yahoo! JAPAN、Bingであります。Yahoo! JAPANは実はGoogleのサーバーを活用しているため、検索結果はGoogleととても似ているものになっています。 また、スマートフォンでの検索の場合、iPhoneとAndroidは両方ともGoogleの検索結果を表示するようになっています。2018年6月時点では、パソコンとスマートフォンでGoogleの検索結果は若干違ったものになっています。

SEOの役割

 訪問者の目的を想定することが出来たら、それに合わせてコンテンツを用意します。起点は常に「訪問者の目的」です。これはビジネスの基本でもあります。お客様のニーズに合った商品を提供する。インターネットが一般的になる前は、新聞・雑誌などのメディアがお客様の目的を満たすものを紹介していました。インターネットでは、検索エンジンがその役割を果たしています。訪問者は目的に合わせてキーワードで検索します。検索者の目的に合わせてコンテンツを用意して、検索結果に表示されるようにすることがSEOの役割なのです。

その他のキーワード、関連キーワード

Google場合は「その他のキーワード」や、bingの「関連キーワード」などの機能を使ってアクセス数を増やすという反則技があります。 この機能は、不特定多数の人がたくさん検索したキーワードを教えてくれる機能ですから、反則技として使う際にもそれなりの演出が必要です。 検索を自動化するだけでなく、不特定多数なわけですから、検索するごとにIPアドレスを変えるのです。 技術的には、2ちゃんねるで有名な「田代砲」を改造したようなプログラムや、オンラインゲームの自動レベル上げなどに使われる自動操作系のソフトに、IPアドレスの自動変更ソフトを組み合わせたようなソフトをイメージしてください。 IPアドレスを大量に集めるのがいちばん大変そうなので、IPアドレスは偽装なのでしょうか? いずれにせよ、検索サイト結果画面の中で特等席の位置に掲載されるわけですから、かなりの宣伝効果はあると思います。宣伝効果としたのは、それをクリックさせただけでは、お目当てのサイトに誘導できるわけではなく、さらにもう 1回キーワード検索されるからです。 ずる賢くやるなら、ピックキーワードは初めから狙わず、自分のサイトがすでに検索結果の表示順位で1位になっているスモールキーワードを仕込むことでしょう。 ビッグキーワードに関連するスモールキーワードという絶妙のワンクッションをはさむことで、自然な雰囲気を装ってアクセスを誘導できるし、スモールキーワードなら1位を取ることも簡単だからです。

クローラリビティを考える

検索エンジンのロボッ卜のなかで、特に We bサイ トを巡回して情報収集するロボットのことを「クローラー」と呼びます。クローラーがスムーズに Webサイトを巡回できるようにしておくことも、 SEOの取り組みになります。クローラーが巡回しやすいようにしておくことを、「クローラビリティを上げる」といいます。 以下の施策もクローラビリティ向上につながります。 ・ツリー構造でWebサイトを構築する ・内部リンクを張る ・浅い階層構造にする クローラビリティ向上のための取り組みは、他にもあります。 シンプルでわかりやすいURLを付けることも、クローラビリティの向上につながります。 Webサイトのカテゴリ名、ファイル名などは命名ルールを決めておきましょう。 URLは、アルファベットや数値の羅列ではなく、意味のある表記にしておくと効果的です。

内部と外部の対策比率

とくにこの数年で、内部対策と外部対策の重要性や立ち位置が変化してきました。以前は、「内部;外部=3: 7 」程度で圧倒的に外部対策の比重に頼った施策で結果を得られていたのですが、様々な企業の運営Web サイトの動向を診ていく中で、今ではほぼ同等または逆転し、 5: 5もしくは 6:4 ぐらいへと形勢が変わってきたようです。 その背景には、 SEO アルゴリズムの比率が、徐々に内部へと高まり、重要視されていることが挙げられますが、それでも今の時点では、外部施策が不可欠であり、大変重要な要素となっています。 内部対策は、マイナス評価を回避することに対して主に効果があり、 外部対策は、プラス評価を高めることに対して主に効果があります。 そして、内部対策が重要視されている現在、マイナス評価を受けない ように気を付けることが、上位表示に大きくかかわってくるのです。 概ね、内部対策は守りで、外部対策は攻めを表します。 内部ありきであることは変わらず主張したいことではあるのですが、内部だけでも競合サイ トと対等に戦うことはできないのです。

独自ドメインを取得する

インターネットでビジネスを行う場合、独自ドメインを必ず取るように します。特に SEMを始めるのであればなおさらです。検索エンジンの多く がクラスタリングという機能を実装しています。これは、同じドメインを 持つホームページは検索結果ページに一定数しか表示させない機能のこと で、Googleであれば最大 2ページまでしか表示されません。プロパイダが無料で提供してくれるホームページ領域を利用したり、モ ールに出店してモールのドメイン配下に自分のショップ名のディレクトリ を持つ場合、その借地サイトのドメイン配下に自分よりも強力なライバルが存在した場合、自分のホームページは永遠に検索結果ページに表示されないという悲劇的な結果になってしまっています。言うまでもなく上記のような借地サイトは自分自身の財産ではありませ ん。ドメイン所有者の都合によって最悪の場合には移動を強いられる危険性もあります。 例えば、プロパイダの統廃合によって プロパイダのドメインが廃止されるケースがあります。メールアドレスの 変更であればメールアドレス変更のメールを出すことによって影響を極小化できるのですが、ホームページの場合は簡単ではありません。外部から自分のホームページに向けてリンクをもらっている場合、その すべてを変更するのは不可能に近いと言えます。ディレクトリ型の検索エンジンのように恒常的にメンテナンスされていればURL 変更も可能ですが、 すでに所有者がメンテナンスを放棄したホームページというのも少なくあ りません。そうした場合、ページ外要因に関するSEO努力が無駄になってしまいます。URL が変更になった場合、ページランクを移動先のホームページに持っ ていくことは困難です。例えば、古いホームページにRefresh メタタグを設 定して新しいホームページに自動ジャンプさせても、ページランクを新し いホームページに引き継ぐことはできません。いくら自動ジャンプ機能を利用しても古いホームページが存在しているのは事実であり、ページラン クは古いホームページ自体に付与されるからです。移動が決定している借地サイトをしばらくの間使うことができるという幸運に恵まれたとしても、上記のようにページランクの引継ぎは原則として行われないので、結局はSEOの努力は水泡に帰すことになります。

サーバーについて

ブログサービスを選ぶときにチェックしておきたいことの一つにそのブログサービスで使っているサーバーの安定性があります。サーバーというのは、あなたのブログのデータを預かつてくれるコンビューターを指します。このサーバーが年中無休で稼働して、あなたから預かったデータをネットに送信してくれるから、あなたのブログは24 時間365日いつでも閲覧できるようになっているのです。あなたには、お気に入りのブログを見ょうとクリックしでも、なかなか表示されなかったり、エラー表示が出て、まったくつながらなかったりした経験はないでしょうか? これは、ブログのデータが入っているサーバーのトラブルが原因なのです。実はサーバーのトラブルは、検索エンジンの評価にも大きな影響を与えます。検索エンジンのロボットは、日々、色々なブログ・ホームページをクロールしていますが、クロールしている時に、サーバーにトラブルがあって、ブログがなかなか表示されなかったり、エラー表示が出たりすれば、ロボットはクロールするのをやめます。つまり、サーバーが不安定だ、と、せっかく検索エンジンがきても、追い返すことになって、評価されなくなるわけです。サーバーが不安定かどうかは、一番アクセスが集まる平日の昼や夜の22~1時の間に、実際にアクセスしてみるといいでしょう。サクサクとブログが表示されれば、 OKです。

キーワードを活かすポイントは 「5W1H」

SEOにおいて、キーワードを活かした記事作りを行う1つの方法として、「5W1H」を意識するというものがあります。 まずは、1つ目のメインキーワードを決めておきます。 このとき選ぶ言葉は、ある程度ざっくりとした抽象的な言葉で、かつ書きたい話題のジャンルを的確に表している言葉を選んでおくのがよいでしょう。 メインキーワードが決まったら、続いてサブキーワードを選んでいきます。 このとき、「5W1H」を意識するのです。 When :いつ(どんな時に) Where:どこで(どこに、どこへ、どこから) Who :誰が(どんな人が) What :何を(どんなことを、どんなものを) Why :なぜ(どうして、何のために) How どのように(どんなふうに、どうやって) 書いた記事や文章の中から以上の6項目に当たる要素を抜き出し、それらをサブキーワードとして使うことで、より実際の記事に合ったものを選ぶことができるようになる可能性が高まるのです。