titleタグ

Home »  titleタグ

トップページのtitleタグにビッグキーワードを埋め込む
Web サイトのトップページはtitle タグにビッグキーワードを含めてビッグキーワードで上位表示を狙いましよう。トップページはビッグキーワードの上位表 示を目指し、サブページは複合キーワードのロングテール戦略を目指しましょう。

また、SEO内部対策でもっとも重要なtitleタグの位置を確認しましょう。
titleタグ はhead ~/headの間に記述します。headタグには titleタグ以外にはmetaタグを記述しますが、HTMLの例では文字エンコードの指定のmetacharset =”UTF-8″というタグ を titleタグよりも先に記述しています。
titleタグよりも重要でないmeta タグ、meta description やmeta keywords などは、titleタグの後ろに記述します。 またスタイルシートの指示やjavaスクリプト、 Facebook 関連のogp 設定 は<title >タグのあとに記述します。

titleタグには必ず上位表示を狙うキーワードを含めましょう 。そうしなければ、自らSEOをあきらめることになります。titleタグの記述はHTMLに詳しくないユーザーも比較的簡単に修正できる箇所です。ブログの場合はブログタイトルはそのままトップページのtitle タグになっていることが多いです。
「SEO東京」というキーワードで上位表示を狙うのならば、title タグの先頭には「東京のSEO」と記述し「東京のSEOと言えば東京SEOメーカー」という titleタグにします。上位表示したいキーワードが 「SEO東京の場合、SEOと東京の間に 「の」を加えて「東京のSEO」と記述しても、 Google は「SEO東京」として認識します。日本語の「の」や「から」のような助詞や助動詞は、 「ストップワード」と呼ばれ検索対象から除外されるからです。ですので、 「東京のSEOと言えば東京SEOメーカー」と記述した方が検索ユーザーの自にも自然に写るはずです。単語とスペースの組み合わ せでキーワードの羅列の ようなtitleタグよりも自然な文章で、title タグを記述しましょう。

Comments are closed.